冷蔵庫の電気代:節約簡単方法

冷蔵庫の電気代

冷蔵庫の電気代について節約方法を簡単にまとめます。

冷蔵庫は基本的に内部の温度を一定の温度に保とうとしています。
そのため、冷蔵庫内の温度が上昇した場合などに、再たび同じ温度に戻そうとして電気代を消費することになります。

そのため冷蔵庫の節約のポイントは温度を一定に保つ工夫をするということです。

まず、冷蔵庫の節約といえばビニールカーテンが一般的です。
これは、開閉時の冷気を外に逃がさないために行う工夫のひとつです。

特に夏場など部屋の温度がかなり暑い時は、
冷蔵庫を開けた途端、冷たい空気が逃げ、熱い空気が入り込みます。

冷蔵庫内の空気はあっという間に3度4度は上昇しますので、温度再び下げるため余計な消費電力を食います。 このように、温度を一定に保つことがポイントなので、冷たい空気が逃げない工夫が電気の消費量を少なくしそれが節約になる訳です。

他にも整理整頓できている方は、
取り出す時間も早いですしその分余分な空気を逃がしません。

また、冷蔵庫の電気代から見れば大量の詰め込みは良くありません。
これは冷却ファンによる空気の流れが途中で遮断され冷却効果が薄くなるためです。

そのためには、一度冷却ファンの位置を確認し、冷却ファンの前には物を置かないなどの意識も必要です。

そのほかに簡単ですぐ出来る節約として、冷蔵庫の設定を冬場は中や弱にするという事です。 体が凍るような寒い日は外の空気も十分冷たいので設定を強にしておく必要はありません。 設定を変えるだけでできる簡単な節約なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。


⇒節約グッズ /楽天でレビューの多い順チェック!


電気代

スポンサードリンク
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。