通話料金明細書で携帯電話代見直し:節約簡単方法

通話料金明細書で携帯電話代見直し

携帯電話の通話料金を節約する上で距離によって通話料金が違うのか? という疑問を持つ方もいるかと思います。

一昔前では、携帯電話の通話料金は県外にかける場合や距離的に180キロ(確か・・)離れていれば料金が異なっていました。 が、auもソフトバンクもドコモも現在は、距離によって通話料金が高くなるということはありません。

で、本題に入りまして携帯電話の通話料金を安くするという方法です。

まず、携帯電話の通話料金を安くする方法として、
現在、携帯電話各社が行っているサービスで通話料が安くなるサービスがいくつかあります。

例えば、家族への通話料が節約できる家族割といったサービス、
あるいは家族への通話料が無料になるサービスもあります。ただし、時間帯が限定されている場合があるので通話料を見直す場合は注意が必要です。

私の節約が得意な友人は、携帯電話を持たなくなる前にメールで「今夜8時に電話します」とメールを打ってきたことがあります。 何で8時なのか聞くと、あまり答えたくはなさそうでしたが、しつこく聞いてみると無料通話の時間が8時以降だからという理由だったことがあります。

その友人は、よっぽどのことがない限り用件は全てメールでしたから、
通話料金を安くすることを考えた場合、一番効果的で簡単な方法はやはり電話をかけないということですね。

また、通話料金以外にも明細書を発行しないでインターネット上で確認する設定であれば明細書の発行代金を割り引いてもくれます。

私は携帯料金を1万円程度毎月払っていますが、1万円を割ると今月は安かったとうれしい気持ちになります。 1万円くらい携帯電話の通話料金を払っている人は、プランの見直しやオプションの削除で千円単位で変わってきますので、 家計の出費を減らすのに最も簡単かつ効果的な節約方法です。


⇒節約グッズ /楽天でレビューの多い順チェック!


携帯電話

スポンサードリンク
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。