水道光熱費見直し術:節約簡単方法

水道光熱費見直し術

水道光熱費とは一般的に水道・ガス・電気・灯油などの生活エネルギーの購入にかかる費用とされています。 水道光熱費のうち水道代は、節約術というよりも、節約意識があればかなり簡単に節約できる費用です。

まず基本的に水道光熱費を抑えるためのキーワードは「ぱなし」を無くすということです。

つまり、歯を磨いているとき、料理をしている時、シャワーを浴びている時、 このような時に水を出しっ「ぱなし」をするのではなく、使うときに水を出し、使わないときは水は止める。 この癖をつけるだけで水道代の基本的な節約は出来ます。 この場合、歯磨きの出しっぱなしをなくせば、平均的に5リットル程度は水道代の節約をすることはできます。

では具体的に水道光熱費の簡単節約術についてです。 節約術のポイントは、「効率良く」、「使いまわす」、「使わない」です。

効率良く」を考えた場合、先ほどの歯磨きや料理の水を使うときだけ水をだすというのがこれに当てはまります。 それ以外には、トイレの大・小のレバーを使い分けることや、洗車はホースではなくバケツを使うなどです。

使いまわす」を考えた場合、まず風呂の残り水の活用です。例えば洗濯に使ったり、雑巾がけなどに使ったりできます。

使わない」を考えた時、蛇口に節水コマを設置したり、トイレタンクの中に水を入れたペットボトルを入れるという方法もあります。 それ以外には、これはちょっとと思うかもしれませんが裏技的には、トイレはコンビニで、シャワーはスポーツクラブでといったアイデアもあります。


⇒節約グッズ /楽天でレビューの多い順チェック!


水道の見直し

スポンサードリンク
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。