電気代:節約簡単方法

「電気代」


暖房費の見直しで電気代を抑える

暖房費は寒い冬を迎える時期には決して馬鹿に出来ない経費です。

今回は暖房費について少しでも電気代を抑え節約する方法についてご紹介したいと思います。

電気を用いた暖房器具の中には、ホットカーペットがあります。
ホットカーペットを用いる場合、市販の保温シートを一枚ホットカーペットの下に引いておくことで、 暖かい熱が逃げにくくなりその分少ない電気で最大限の効果を得られます

一日中付けっぱなしになりがちなカーペットを、
常に強にするよりも弱の方が電気代もだいぶ節約できるはずです。

フローリングで床暖房がない方は、
このホットカーペットを一枚引いておくだけでも冬の暖房代が抑えられます。

次に暖房費の節約として、
灯油を使って部屋全体を暖めている方にはどのような簡単節約方法があるでしょうか。

やはり着込むという方法が一番手っ取り早いですね。
保温性のない服をただ着込んでいればそれだけ動きにくくなりますし苦しくなります。

今はユニクロのヒートテックという下着が販売されています。 これは薄手の下着なのにかなり保温性が高くまた動きやすいという特徴が有りお勧めです。 冬にこれを一枚着るだけでずいぶん変わってきますので、冬の暖房費節約には必須のアイテムでしょう。 部屋の温度がある程度温まればこまめに暖房を切ることができます。

ただし、子供から年配の方まで幅広く人気のある商品なので、
時期や店舗によっては売り切れという事があるので注意が必要です。

暖房費の見直しで電気代を抑えるの全文を読む

エアコンは暖房器具で電気代を抑える

エアコンでの暖房は冬場なかなか暖まらず、
ついつい一日中つけっぱなしにしてしまったことはありませんか。

そこで今回は冬のエアコンを暖房器具を用いた
コストを削減する方法、すなわち電気代の節約方法について考えたいと思います。

まず、エアコンがなかなか効かないという人にオススメな暖房器具が扇風機です。

扇風機というと夏場をイメージするのではないでしょうか、
ところがこれが冬でも活用することが出来るんです。

どのように活用するかというと、
エアコンの暖かい空気が出るところに扇風機を持っていって扇風機で暖かい空気を部屋全体に送ってあげるわけです。

これは夏場のエアコンの冷たい空気を部屋全体に送って温度を下げるのと考え方は同じです。
このように冬場のエアコンと扇風機を組み合わせることで扇風機も立派な暖房器具のひとつになります。

部屋全体が暖まるという事は、
暖かい空気が循環し部屋の温度が一定に保たれるという事なので、エアコンの調節もしやすくなります。

さらに前回説明したように、
部屋の中でユニクロのヒートテックなどの下着を1枚着ておくことで、
エアコンの温度設定を1度は下げることが出来るでしょう。
たった1度といっても馬鹿に出来ません。毎日のことですから。

エアコンの温度設定が毎日1度違うだけで積み重ねると大きな電気代の節約につながります。

他にも、部屋の中でデスクワークをする方は昔ながらの湯たんぽなどの暖房器具も意外と使えます。
湯たんぽを腰にあてているだけでだいぶ暖かいですし、長時間座って腰に負担をかけている人..

エアコンは暖房器具で電気代を抑えるの全文を読む

冷蔵庫の電気代

冷蔵庫の電気代について節約方法を簡単にまとめます。

冷蔵庫は基本的に内部の温度を一定の温度に保とうとしています。
そのため、冷蔵庫内の温度が上昇した場合などに、再たび同じ温度に戻そうとして電気代を消費することになります。

そのため冷蔵庫の節約のポイントは温度を一定に保つ工夫をするということです。

まず、冷蔵庫の節約といえばビニールカーテンが一般的です。
これは、開閉時の冷気を外に逃がさないために行う工夫のひとつです。

特に夏場など部屋の温度がかなり暑い時は、
冷蔵庫を開けた途端、冷たい空気が逃げ、熱い空気が入り込みます。

冷蔵庫内の空気はあっという間に3度4度は上昇しますので、温度再び下げるため余計な消費電力を食います。 このように、温度を一定に保つことがポイントなので、冷たい空気が逃げない工夫が電気の消費量を少なくしそれが節約になる訳です。

他にも整理整頓できている方は、
取り出す時間も早いですしその分余分な空気を逃がしません。

また、冷蔵庫の電気代から見れば大量の詰め込みは良くありません。
これは冷却ファンによる空気の流れが途中で遮断され冷却効果が薄くなるためです。

そのためには、一度冷却ファンの位置を確認し、冷却ファンの前には物を置かないなどの意識も必要です。

そのほかに簡単ですぐ出来る節約として、冷蔵庫の設定を冬場は中や弱にするという事です。 体が凍るような寒い日は外の空気も十分冷たいので設定を強にしておく必要はありません。 設定を変えるだけでできる簡単な節約なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

冷蔵庫の電気代の全文を読む

スポンサードリンク
 
プロフィール

shusei.jpg

自己紹介:トラくん
日々賢くお金を管理できるようまめに家計簿をつけてます。少しでもリスクを減らしてお金を増やすために勉強してます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。